勉強法

ユダヤ式 『究極の記憶法』

ユダヤ式『究極の記憶法』とは?

「記憶の民」と呼ばれ、

複数の言語を操って世界中で活躍しているスーパーエリート集団の

『ユダヤ人』たちが5000年の歴史の中で培った「記憶法」

 

ユダヤ式『究極の記憶法』のやり方

体の上半身をキツツキのように揺らしながら、口を動かして呟く

これだけ。

体を前後に動かしながら、呟いて学習。

 

実際、ユダヤ人はこの方法で1000ページ以上もある聖書の「トーラー」と呼ばれる部分を前文記憶しています。

 

学ぶ(ミシュナ)というのは、繰り返し朗読をし、繰り返し書き写し、そして繰り返し考えることである

という「ユダヤの格言」があります。

 

音読反復記憶の秘訣なのです。

そしてそこに、「体を動かす」といった単純なリズム運動を行うことによって、

勝手に脳に記憶されていくのです。

ユダヤ式『究極の記憶法』を使った英語の勉強法の本

ユダヤ式『究極の記憶法』を使って、

英語学習する方法が詳しく書いてある本を紹介します。